有害物質アセトアルデヒドとは

アセトアルデヒドとは

アルコールは、体内で消化されると、その過程でアセトアルデヒドに分解されます。

そして、このアセトアルデヒドは、最終的に、水と炭酸ガスにまで分解されますが、体内では、一定の期間内において、一定量のアセトアルデビドしか代謝することができません。

実はこのアセトアルデヒドこそが、飲酒中の動悸、吐き気、頭痛などの不快な症状を引き起こす有害物質なのです。

二日酔いで不快な症状が残っているのは、血液中に代謝しきれていないアセトアルデヒドが残っているのが原因の一部で、アルコール対策サプリ「RU-21」は、エタノールがアセドアルデヒドに酸化する過程を遅らせることでアルコールの代謝を調整します。